何でそこまで言われるの?私を悩ませるお葬式

葬式の際、両親の出身地方が違い、地味な地域の父、派手な地域の母と、正反対の風習だったため、双方の親族からのブーイングが激しかったです。

特に、粗供養の内容が「少ない」「派手過ぎる」など言われて板挟みになり、かなりへこんだのを覚えています。

喪主だったので、徹夜で告別式の焼香順を考えないといけなかったです。
後から「私たちの方が血が濃いのに、どうしてあの人より後なのか」など、絶対に言われたくなかったので。悲しむ時間はありませんでした。

 

頼りになってくれたのは、同じく喪主を経験したことがある従姉妹でした。
相談にのってくれ、どうしたらよいか一緒に考えてくれました。枚方市内でも有名な葬儀業者にもアドバイスを貰いました。

最善の方法ではなかったかもしれませんが、私の意志も尊重してくれ、なんとか乗り越えることができました。今でもすごく感謝しています。

粗供養のことは、地味でもなく派手でもない、中間くらいの加減で調整し、父方・母方双方のバランスをとりました。

焼香順は、考えに考えた成果がでたのか、文句をいう人はいなかったようです。

いざという時に備えて、親族方々の地域の風習を把握しておく方がいいと思います。
できれば、1~2人ぶっちゃけた話ができる親族がいたら助かりますよ。