家族葬を選択する場合のメリットと注意点

以前とは違って現在では故人や遺族の意向によって多種多様な葬儀を選択することが可能になっていて、例えば一般葬以外にも家族葬といった選択肢もあります。

家族葬とは簡単に言えば故人の家族や友人など限られた人物のみが参加する葬儀のことで、一般葬と比較すると小規模な葬儀になるので葬儀にかかる費用も少ない傾向があります。

また一般葬と比べると融通がきくので故人や遺族の希望を反映しやすい面があるのですが、費用に関しては注意する点があるのでそこだけ知っておいた方が無難です。

葬儀に参加する人数が少ないということは当然ですが一般葬と比べると香典の総額も少なくなるので、その辺りを踏まえておかないと実質的に負担する費用が一般葬より高くなる可能性があります。

また家族葬は参列者が少ないので対応する負担が少なくゆっくりと故人と最後の時間を過ごすことができますが、葬儀後に弔問に来る人が一般葬より多くなる場合もあるのでその辺りの負担が大きくなる可能性は留意しておくべきです。

こういった感じで家族葬にはメリットがあると同時に注意点もあるので、その点をしっかりと理解した上で選択するようにしてください。