知り合いの葬式に出た時の雰囲気

人生の中では重要なイベントもあるので無視できないです。私は知り合いの葬式に参加して複雑な感情を得ました。やはりそういった場所には重い空気があるので、最低限のマナーは覚えておくべきです。

知り合いの葬式に出た時は家族も一緒でした。当然のようにここでは服装もしっかりとしたものでした。具体的には参加者が黒い礼服を着ていたので雰囲気がありました。

実際の葬式では大人たちがマナーを意識していると感じました。私は家族に従って挨拶や礼儀を尽くしました。また私は相手の家族に失礼がないように、常に慎重に行動していました。こういった態度も葬式の雰囲気を崩さないためには重要です。

やはり葬式に出るとそこが重要な場面だということに気付きます。実際に知り合いたちの家族は悲しんでいたので、私はその気持ちを自然に察しました。こういった場所では大人たちがしっかりとマナーを守ることも大事だと感じました。

今では葬式のスタイルも多様化しているので、家族の望む形でそれを実行することができます。また葬式に行く際には礼儀と服装の内容を確認すべきです。

七年前に父が亡くなり、葬儀を行いました。みなさん同じ経験をされると思うのですが、亡くなってから葬儀までの間は、葬儀を行う上での打ち合わせや準備、親戚・知人への連絡などで大変慌ただしい時間となります。父の葬儀は実家近くの斎場で行うことになりましたが、スタッフの方々が本当に目配り、気配り、心配りができる方々ばかりで、慣れない葬儀の場で助けていただき今でも感謝しております。大変優秀なスタッフの方々のおかげで、葬儀を終えることができるはずでしたが、ひとつアクシデントがありました。我が家は普段からお付き合いがある寺がなく、葬儀場で僧侶を紹介していただきました。

告別式でお念仏をあげていただき、説法へと移っていきました。ところが、説法の内容が意味不明なのです。そして突然「私は何の話をしていたのでしょうか?」とおっしゃったのです。そして、喪主である私に向かい「あなたわかる?」と聞かれたのです。異変に気付いた斎場のスタッフが僧侶に駆け寄りフォローしようとしましたが、結局、僧侶はそのままご退室となりました。そのあとに続く、出棺・火葬場での念仏・初七日念仏は何とか済ませることが出来ましたが、終始冷や汗をかいておりました。後に、ご高齢のための物忘れだと伺いました。後にも先にも、あんなにハラハラした葬儀はありません。

PR|JALカード|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|童話|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|心の童話|GetMoney|SEOアクセスアップ相互リンク集|ショッピングカート|オーディオ|